« 2012年3月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年7月

NAOTOさんに対するずっと思ってた思い。

それともうひとつ。

NAOTOさんに対しても思うことがあったので
もうひとつ記事を更新です。


NAOTOさんは言うまでもなく、
ポルノのサポートしてたからって理由からCD買ったんです。

今までずっとそんな理由で好きになったのはいいのかなって思ってて。


クラシックは興味ないし、
NAOTOさんのクラシックコンサートに行っても眠くなるだけだし…

そんな理由があってNAOTOさんのライブは
アコライブか、クラシックメインじゃないライブのみ参加で、
クラシックのコンサートには行かないようにしてるんですけど。

そんなでいいのかなーと。


クラシックは全然わからないし、
興味がないから知識を増やすこともめんどくさい←

いいのかなーと。笑


でも、NAOTOさんのライブとかイベントに
ポルノのグッズ(タオルとかツアーバッグとか)を持ってる人がいると
「おいおいこれはポルノ関係ないぞ、
 NAOTOさんのイベントだぞ」とムッとするんですよね。笑


そんな私も、ヴァイオリンのことはよく知らないし、
技術的なこともなにも知らない、
NAOTOさんのサイトも更新されるたびに見るわけでもない。
動画配信されてるけど、見たことない…しw

ファンクラブイベントに行くとヴァイオリンから入ったマダムたちがたくさんで
ポルノから入った私は、なんか浮いてる気がする、みたいな。

NAOTOさんの話すらあまりできないですからw
サイトも会報もあまり見ないのでw


NAOTOさんを知れば知るほど、
本当に凄い人だなと思うんですよね。

そんな人のファンがこんなにぬるくていいのかと…。


私はなんでNAOTOさんが好きなのかなーと、
NAOTOさんの何が好きなのかなーと。

もっと好きな人は演奏スタイルとか、
NAOTOさんが演奏する音とか…
ほかのヴァイオリニストとの違いが分かって好きになってるのかな、
でも私はほかのヴァイオリニストを知らないし… みたいな。

NAOTOさんの作る曲が好きとか、人柄が好きとか、
そういうことだけで好きって言ってしまっていいのかなと思ってしまって。

NAOTOさんが作った曲でも
ほかの人がNAOTOさんの曲を演奏してたら
NAOTOさんじゃない人が演奏してるって気付かないと思うんですよね。

大好きな人はNAOTOさんじゃない人が演奏してても
ほかの人が演奏してるって分かるんじゃないかなとか思ってて。

ヴァイオリンって演奏してる人が違うと
奏でる音も違うのかなって思ってたんですけど、
全部そういうわけじゃないんですよね。笑
「僕たちの地球ロード」の試写会に行って最近気付きました。笑


試写会に行って、なんか吹っ切れた感じがしたんです。

映画自体もとてもいいものだったし、
クリエイターというか、アーティスト全般に言えることとか
大切にしたいこと、大切にしないといけない思いが
たくさん詰まってたと思います。

本当に良い作品でした。


話が逸れますねw
何を言いたいんでしょう私w


吹っ切れたと言っても、
こんな私がNAOTOさんのファンと言ってていいのかなという思いは
まだまだあって。

ポルノから入ったファンも、
結果NAOTOさんのファンになったのなら、
それはそれでNAOTOさんの利益が上がるわけで、
NAOTOさんの不利益にはなってないからいいんじゃないのって思いまして。

でも以前、クラシックコンサートに行ったときに
ポルノからファンになったと思われるファンに対してマダムが
「あんな格好でコンサート?」と言ってるのが聞こえまして。

それ以来、NAOTOさんの何かに行くときは
服装に気をつけるようにしてるんですけど。笑

ポルノからファンになったファンが
クラシックからのファンにこんな風に思われてるのかなーとか思って、
微妙な心境になったことを覚えてます。笑


そんなこともありつつ、
「私はNATOさんのファンだ!」と胸を張って言えないような気がします。

NAOTOさん、好きなんですけどねー笑



「好き」ってなんだって考えることもあるんですけど、
「好き」って漠然としてるものじゃないですか。

○○なところが好き!とか、
具体的に言えればいいのかもしれないけど、
私の場合、恋愛に関する「好き」も
具体的にも言えないところがあって。

なんかわかんないけど好き、みたいな。

ほんと、そういうのいいのかなと思うんですけど、
「好き」って感情は確かにあるからそれでいいかな、という。

NAOTOさんに対してもそういう感じなので、
ファンって言っていいのかなと、最近思うんです。

なんかわかんないけど好きだからいいかな、みたいな。笑


どうなんでしょうね。いいんですかね、これでw


ファンのあり方って人それぞれですけど、
こんなファンのあり方でもいいのかなーとやっぱり悩むんですね。

いいのかなー。

同世代でNAOTOさんのファンがいないのでなんともなぁ。笑


「好き」って正解がないものなので、
これもきっと正解がないのかもですね。


でも、これからもNAOTOさんを応援していきたいとは思います。


あぁ、なんかぐだぐだな終わり方だ。笑

| | コメント (0)

ポルノグラフィティに対する最近の私の思いについて

お久しぶりです。

ツイッターに書こうと思ったんですが、
「これはこっちに書くべきかな」って思ったので、こちらに浮上。

140字を何ツイートも重ねればいいんだけど、
なんとなく。


昨日、幕張ロマンスポルノのDVDを見てたんです。

何も見るものがなかったので←


去年は幕張カウントダウンとつま恋の2日目にしか
ポルノのライブには行けなくて。

つま恋が楽しすぎて、
幕張の思い出がちょっと薄いっていう残念な感じにw


仕事の都合で、FCUW4も行けなくて、
今回のツアーも仕事の休みが今のままだと
どうやら行けるとこがなさそうで。

もう、悲しかったんですよ。
ファンクラブに入ってから今までの約9年間、
ずっとどのツアーにも行ってて、それが当たり前で。

それができなくなりそうな今、とても悲しくて。

幕張のDVDを見て、
ライブに行きたいと胸がざわざして、うずうずして、
でも、今回のツアーに行けないかもしれない、
下手したら、今年はポルノのライブに行けないかもしれないと思うと
本当に悲しくて。

カウントダウンでもあればいいんですけどね。
確実に仕事はありませんから。笑


社会人になって2年目、
ライブが生きる活力だったんだなって心から思います。

今年は今日まで音速ラインとNAOTOさんのイベントに行きましたが、
やっぱり原点はポルノなんですよね。

大好きになったアーティストの一番最初がポルノだから。

高校3年間、盲目的に大好きだったから←

高校時代、彼氏が欲しいとか思わなかったのは
ポルノがいたからなんだよね←

高3の終わりに恋愛したいなとは思ったけど、
でも、ポルノが大好きだったから。

青春時代、ポルノが全てでよかったなとすら思います。


大学に入ってからは色々あって、
なんとなく、「ポルノ、なんかあまり好きな曲ないな」って
「うーん…」と思った時期もありました。

今もその時期の曲はあまり聞かないというか、
やっぱりポルノが大好きだった高校時代に勝てないというか。

これからもそれは変わらないと思います。


大学に入ってから会報を熱心に読むこともなくなって、
写真を見たり、気になる文章だけ読んで終わりって感じになりまして。
それは今も変わらないスタイルになってしまいましたがw

ファンクラブを抜ける理由もないし、
曲はあまり好きじゃなくてもライブは楽しいから行きたい、
そんな思いがあったので大学時代はファンクラブに入ってました。


こんなぬるぬるなファンでいいのかなーと思いつつ、
今もあんなに盲目的だったらきもいわと思うようになり←
若いファンの子たちを見ると「若いわー」と思い、
年を感じるようになりました23歳です。

年を重ねて、周りの環境も、自分も変わって
そりゃあ考え方も変わるよなーと。

ポルノが全てだった高校時代に比べると、
今は大切なものも大好きなものも考えることも増えて、
そりゃあポルノに全部を注ぐことはできなくなるなーと。


でも、やっぱり原点はポルノで。
大切なんですよね。

何が言いたいのか分からなくなってきました。。


幕張のDVDを見て、何気なしに別冊カドカワを読んだら、
「あぁ、私はこの人たちが好きなんだな」と思って。

この思いを何かにぶつけたいなと思い、
キーボードをたたいております。


あぁ、ほんと、ライブ行きたい。笑

| | コメント (2)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年10月 »